トップメッセージ

弊社が属する日本の流通業界にとって、2008年秋に始まった景気の後退局面は、リーマンショックに端を発した世界同時不況とは異質なものです。前者は構造型不況であり、後者は循環型不況なのです。人口減少・老齢化という深刻な問題を抱えていた日本の消費マーケットは、ちょうどこのタイミングでピークアウトし、少なくとも数十年間の下降局面に突入してしまったのだと思います。

しかし、弊社は悲観していません。「常に普遍的価値を磨き続け、世界にJAPANファッションを発信する」という気概を持って更なる飛躍を目指したいと思っています。品質・デザイン・品揃え・サービス等、改善余地は多分に存在します。お客様に選択していただける具体的根拠を地道に創造していく結果として、日本市場においてもシェア率を向上することはまだまだ可能です。

今後も直営店舗とパートナーショップの展開の組み合わせで、積極的に多店舗化を進めます。またSPA型(製造小売業)業態への転身を加速させ、お客様のニーズに即応できる体制と、他社にないオリジナリティーの構築に邁進します。

アジアにおいても、いよいよ本格的成長段階に入ります。弊社は香港で2004年から、中国も2008年から、それぞれの現地法人にて合計23店舗を出店し、調査・実験を繰り返してきました。日本のソフトは世界へ輸出可能なレベルであると確信しています。

「仕事は楽しむべし」と常々心がけています。お客様の笑顔、パートナーショップオーナー様の笑顔、お取引先様の笑顔、もちろん弊社社員達の笑顔を実現する為に、ワクワクしながら挑戦を継続して参ります。

代表取締役 向井 正太郎